Tシャツがシワにならないための収納方法とは?

せっかく洗ってアイロンまでかけたのに、しまっておいたTシャツが
しわしわになってしまった…なんて経験はないでしょうか?
Tシャツは柔らかい布を使用しているので、洗っている時にしわにはなりにくいものの
収納時にシワがついてしまった場合は
なかなか伸びず、かえって厄介になってしまうものです。
今回はそんなTシャツがシワになるのをふせぐ方法をご紹介します。

いきなり答えをご紹介します。
答えは簡単なのですが、それはハンガーにかけて収納することです。
Tシャツは干している時に、ハンガーにかけると重さで変な型がついてしまいますが
乾いてから干しても問題はないのです。
ハンガーにかければ皺もなく着たい時にすぐ手に取りやすいですし
何よりたたむ手間もかかりません。着たい時に引っ張り出してもすぐ着ることが出来ます。
もし、多くの衣類をハンガーにかけるスペースがない場合は
季節の服装やお気に入りの衣類だけでもハンガーにかけておけば良いでしょう。
それだけでも皺対策としては十分です。

もちろんカビ対策や虫食い対策として風の通り道を作ったり防虫剤を置いたりなどの
工夫も忘れずにしてください。特に梅雨の時期などは湿気が強いので
事前に対策意識を持っておくと良いでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です